スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackback(-)|
  4. Comment(-)

いいかげん。

ご存知の方も居られると思いますが、
昨年春、東京/立川で、自衛官の官舎に「イラク派兵反対」
のビラをポスティングした方3人が逮捕、起訴されました。
12/9、一審の無罪判決を覆し、有罪判決!
住居侵入とかなんとか理由つけてますが、
明らかな政治弾圧に間違いありません。

詳しくはこちら→立川・反戦ビラ弾圧救援会

実は2年前、知人の女性を手伝って、
私もある自衛官官舎にビラ入れをしたのです。
ビラというか、自衛官の家族の方への手紙という形なのですが。

当日は、某セクトの派兵反対デモが行われていて、
周辺にはケーサツも一杯いたし、
官舎の敷地入口付近には装甲車も止まってるしで、
かなりビクビクしながらも、無事ビラ入れ遂行。
ですが、こちらは未だにお咎め無しなんですよね。
ケーサツなんていい加減なもんです。

そんな隙間を縫って、
面白い事をやって行きたいなぁと思う年の瀬でした。

Power1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2005/12/27(火) 20:42:01|
  2. ひとりごと。|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

反WTO闘争への弾圧を跳ね返せ!!!

先日の香港でのWTO閣僚会議に反対するデモで、
多数の逮捕者が出ています。
(その中に日本人が1人が含まれているのですが、
 なんと私の知人である、N君でした。下手をすれば、
 裁判次第では長期投獄の恐れもあるとか。)
今日、在大阪中国総領事館に抗議文を提出した模様です。
賛同連名を集めています。ご協力、お願い致します!!!
取り急ぎ、呼びかけ文、抗議声明を掲載します。

______________________________

すべてのみなさん!

12月17日、WTO(世界貿易機構)閣僚会議に反対する民衆デモが
香港で大規模に行われ、その中で韓国の農民・労働者を中心とした
メンバー約1000名が香港警察によって不当にも大量逮捕・
拘束を受けました。
(詳しい経緯については、以下の抗議声明をお読みください)

世界各国からの参加者とともに、かれらと行動をともにしていた
日本からの参加者数名も拘束されました。
19日夕方までに大半が釈放されたものの、
大阪で日雇・野宿者運動などに取り組んでいる私たちの友人、
N君をふくむ14名(韓国人11名、中国人1名、台湾人1名、日本人1名)
が勾留延長され、いまも獄中にあります。

私たちは、世界の至るところで失業と貧困を拡大させ、
一握りの人間に富を集中させるかわりに民衆の生きる権利を否定する
WTO会議に実力でもって反対の声を叩きつけたデモ参加者に対し、
心からの敬意と連帯を表明します。
そして、暴力で持ってかれらの声を圧殺しようとし、
今なお不当な拘束をつづける香港警察・中国当局に抗議します。

WTOが進めようとする自由貿易に代表される、
国境を越えた弱肉強食の資本主義の世界化=グローバリゼーションに
反対する世界各地での民衆闘争において、
これまで国家・資本の側はつねに暴力をもって酬いてきました。
1999年のシアトルWTO闘争における大量逮捕と警察の暴力、
2001年ジェノバサミット闘争における警察による
デモ参加者虐殺などをみても明らかです。

今回、N君は最初名前などを聞かれたのみで、
現在にいたるまで尋問などいっさいなしに拘束され、
月曜に突如「勾留延長」を告げられたとのことです。
この一点だけを取ってみても、香港当局が挙げている
「非合法集結の罪」などは口実にすぎず、
デモに対する報復弾圧であることは明らかです。

現在、香港では14名の不当逮捕に反対する支援活動が
取り組まれています。
弁護団が結成され、支援者とともに差し入れや面会を行っています。
(さいわい、N君は健康に別状なく、元気とのことです)
21日は裁判の行われる観糖法院の外で、
韓国農民連盟や香港の団体がともに、3000回の叩頭による抗議行動
(頭を地面に叩きつける)を行いました。
22日には繁華街でのキャンドル集会が持たれ、
14名の状況と香港警察への抗議を市民に訴え、
街頭での救援カンパ活動を展開します。
2度目の裁判が行われる23日には
裁判所前での抗議と14名への激励行動が予定されています。
韓国と台湾においても、すでに支援集会が取り組まれています。

私たちも、この日本の地からやれることをやっていきたいと思います。
14名の即時釈放を中国政府に訴えていくとともに、
かれらが身をもって世界に発した叫びを受け止め、
広げていきたいと考えます。ともに、行動しましょう。


(以下、抗議声明)

駐日中国大使館 特命全権大使 王 毅 殿
駐大阪中国総領事館 総領事 邱 国洪 殿

反WTO闘争弾圧救援会

失業と貧困、不平等と戦争を拡大するWTO反対!
日雇・野宿者運動メンバーN君をかえせ!
1149名不当逮捕糾弾!
デッチ上げによる14名の起訴・弾圧裁判を中止せよ!
香港WTO抗議行動への弾圧・起訴攻撃に対する抗議声明

失業と貧困、不平等と戦争を拡大するWTO(世界貿易機構)閣僚会議
が12月13日から18日まで香港で開かれた。
韓国の労働者・農民をはじめ世界中から香港に集まった民衆は、
新自由主義グローバリゼーションによる「死の行列を止めるために」、
17日、WTO閣僚会議の中止を求める集会を開き、会議場のある
コンベンション・センターに向けて抗議デモを行なっていた。
これに対して香港警察は不当にも、催涙弾、電気棍棒、ゴム銃弾で
デモ隊に襲いかかり、多数のデモ参加者を負傷させ、
暴力的に強制解散させようとした。
韓国民衆闘争団はこの暴挙に抗議し、
貧しき人びとを翻弄し命を奪うWTOを弾劾する
1000名規模の抗議集会をコンベンション・センター前で行なった。
この抗議集会には、
数年来、韓国の失業・野宿者運動や日雇労働運動との
共同闘争を進めてきた日本の日雇・野宿者運動のメンバーN君も
報道の任務を担いながら参加していた。
これに対して警察当局は集会周辺の道路を完全封鎖した上、
集会参加者を10時間に渡って監禁状態に追い込み、
18日未明から朝10時頃にかけて周辺で見守っていた人びとも含めて
まったく不当にも全員を逮捕・連行した。
拘束されたほとんどの人びとは当然ながら順次釈放されたが、
香港の捜査当局は、N君を含む14名を「非合法集結の罪」で、
19日、拘留延長を打ちおろし、
23日に開かれる法廷で起訴するとしている。

韓国民衆闘争団をはじめとするWTO抗議行動は、
WTO閣僚会議の「合意」の如何によって参加者自らと
その仲間たちのまさに生き死にがかかっているが故に、
根源的・徹底的な闘争である。
だからこそ、様々な創意工夫をこらした闘いは
香港市民の喝采と支持を浴びてきた。
私たちはまず、これらの一連の反WTO行動を断固支持する。
新自由主義グローバリゼーションによって拡大する「棄民化」
を強いられ社会の底辺で日々困窮するこれらの人びとの立ち上がりと
国境を越えた結びつきによって、必ず希望は取り戻されるだろうし、
私たちはいかなる弾圧をも跳ねのけて前進することを決してやめない。
私たちの前進を阻み、人権侵害や弾圧でもって応えようとする
香港当局に対して怒りをもって弾劾し、
以下のことをただちに実行することを要求する。

1.逮捕・拘留延長を強いられたN君と13名の仲間を解放せよ。
2.デッチ上げによる起訴・弾圧裁判を今すぐ中止せよ。
3.12月17~18日に不当逮捕した1149名の仲間に対して謝罪せよ。

2005年12月22日

抗議声明への連名賛同のお願い

私たちは、WTOに対してまったく正当な抗議行動を展開しながら
弾圧されたことに対して、容認できません。
あの抗議行動は5%のためのWTOではなく、「もう一つの世界を」
求める95%の民衆の願いを体現する行動であったと確信しています。
その行動と要求が新自由主義の根幹を揺るがすものであったが故の
報復弾圧であるだろうと感じています。
そして、このような不当逮捕・弾圧を拡げさせないためにも、
多くの方にご支援・ご注目と、
可能なら以下の抗議声明への賛同連名をお願いします。
(賛同していただける方はお名前・団体名と肩書きをお書き添えの上、
 FAXまたはメールでお送り下さい。
 お名前・団体名はビラなどで公表させていただきます)

※第一次集約は、12月22日午前11時とさせていただきます。
※それ以後に届いた分も、ビラなどに順次追加していきます。

賛同団体(12月22日午前1時/順不同)

釜ヶ崎パトロールの会/長居公園仲間の会/西成公園よろず相談所/
うつぼ公園自治会/沖日労と連帯する会(釜ヶ崎)/
高齢者特別就労組合準備会/布施夜回り準備会/
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合/
野宿労働者の人権を守る会/「持たざる者」の関西連帯行動/
釜ヶ崎地域合同労組/釜ヶ崎炊き出しの会/釜ヶ崎医療連絡会議/
失業と野宿を考える実行委員会/釜ヶ崎連帯委員会/
在日アジア労働者と共に闘う会/山谷労働者福祉会館活動委員会/
グローバリゼーションを考える日雇・野宿者運動準備会/
日雇全協・山谷争議団/関西非正規等労働組合(ユニオンぼちぼち)

反WTO闘争弾圧救援会

連絡先:
06-6572-9441(FAX)
06-6572-9440(TEL)
e-mail: people@jimmin.com
郵便口座:00950-4-88555(人民新聞社名義)
※救援カンパは「WTO」などと明記して下さい。
  1. 2005/12/22(木) 19:29:03|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:2

2005/12/18@大阪Sunsui"Grind Archives 2005"




Morry氏による、
2005年最後を締めくくるにふさわしいイベントのレポート+写真です。
合計20バンド!のこのイベント、2ステージで同時進行だったとか。
接近戦、音の洪水、熱気… 
想像するに容易い、けれども体感することに意味がある(笑)!
次回こそはぜひとも参戦したいです!!

05archivesmorry.jpg

  1. 2005/12/18(日) 00:55:28|
  2. live report|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

2005/12/11@甲府Kazoo Hall




Morry氏による2005年最後のツアーのレポートも、これが最終日。

観に行く事ができなかったみなさん(私も含めて)が
悔しがるようなレポートを綴ってくれたMorry氏に大感謝です。

今後も投稿よろしくお願いします(笑)。

(上の写真もMorry氏提供です。)

1211morry.jpg
  1. 2005/12/11(日) 17:49:05|
  2. live report|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

2005/12/10@横浜Club Lizard


051210yokohama.jpg


ご本人の了承を得て、あるサイトから転載させて頂きました。
Oさんによる、12/10@Club Lizardのライブレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
"衝撃体験"

大仰なタイトルだけども本当にそう感じたのだから仕方ない。
12/10@Club LizardでのCorruptedのライヴは本当に凄かった。
凄かったという表現しか出来ない自分のボキャブラリーの無さを
恥じると共に、本当に衝撃的な出来事に直面した時というのは
言葉が出ないのかもしれないと思うのだった。

ライヴ前に友人のG君と横浜中華街の招福門の食べ放題飲茶で
腹いっぱいにして、これまた友人のA君と合流。
Lizardに向かう。ライヴ前だというのに長蛇の列。
これは恐らくEnvy目当てなのだろう。
まぁ~それはどうでもいい。
とにかく本日のライヴを心待ちにしていた。
9月の時点で休み希望出してたし・・・。

とにかくライヴなのだ。対バン相手のEnvyのライヴも前に観た
印象よりも遥かに素晴らしいライヴを見せ付けてくれて大満足。。
改めて素晴らしさを実感した。惚れ直したぜ、Envy。
時間にして 濃い濃い濃い70分であった。
またライヴが観たくなったよ。

で、本日の目当てであるCorruptedである。
音源でも十分に ヘヴィだと思うのだが、聞く人聞く人、
ライヴはCDと比べ物にならない位に凄いぜぇ~っていうのだ。
正直、そんなコトあるかいって 舐めていた感があった。
だが、それはオレの怠慢だった。本当に凄いのだ。
例えると何か蠢く低音の渦に飲み込まれる、といえばいいのだろうか? 
ライヴなんていう言葉では片付けられない、
宗教の 儀式的な感じすらするのだ。恐るべし!!Corrupted

色々とライヴを観てきて何度も凄いバンドを観て来た。
だから簡単に度肝を抜かれるなんてコトはないという自信はあった。
でも、Corruptedは見事に完膚なきまでにオレの自信を打ち砕いたよ。
余りに濃厚な100分で終わったらフラフラだった。
こりゃ~完全に ハマったわ。また早く粘っこいギター、力強いドラム、
磁場を生み出すかのような低音のウネリを発するベース、
そして命を削るかのようなヴォーカリゼーションを
浴びたいと思うのだった。

世界中のUG音楽好きがきっと指を咥えて
羨ましがるであろう2バンドのライヴ。
行けなかった人は後悔すること必至のライヴであったと断言出来る。
一晩寝ても興奮が冷めないことがソレを物語っている筈である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横浜のMorry氏からもレポートが届いています。(上の写真もMorry氏提供です。)

1210morry.jpg

  1. 2005/12/10(土) 21:12:40|
  2. live report|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

2005/12/9@名古屋Club Zion




私にとって、半年振りのCorruptedのlive。
いつもそわそわしてしまうのだけれど、
この日はいつも以上に緊張。どんな曲をやるんだろう??

人波かき分け辿り着いたのはベース側のスピーカーの前あたり。
目の前には人の頭、頭、頭。
ここ数年はほぼ最前列で参戦してたのに…

演奏が始まり、音に引き込まれていくー
と思いきや、何と中断。
仕切り直してもう一回。
またもや同じ箇所で中断。
「大丈夫かな…このまま止めちゃったりとかないよね」
と要らぬ心配をしてしまう私。

3度目の正直(?)、演奏はあの箇所で止まず!
そこからは音にまかせ、徐々に堕ちていく。
「あー、これだ、これが欲しかったんだ」

音が悪かろうが、トラブルが起きようが、
たまにしか体感できない私にとっては、
特別なライブ。

音を浴び、音に酔い、無心になる。

多分私は、この音に打ちのめされたかったんだな、
心底そう思いました。


uesuさんのブログ、カチガワ録音雑記より  づ、どん


横浜のMorry氏からもレポートが届いています。(上の写真もMorry氏提供です。)

1209morry.jpg

  1. 2005/12/09(金) 00:07:25|
  2. live report|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

DIBORCE Koba氏 with Corrupted Tee!!




またもや横浜のMorry氏より投稿写真です!
かなりいい笑顔です(笑)。

Morry氏からコメントです。↓

GRINDING HARD CORE DIBORCE!!!のギタリストKoba氏です。
彼も相当なCorruptedフリークで、
この日も観に来ていらしたところを撮影させていただきました。
ありがとうございました!!
(2005/7/10鰻谷Sunsui
「EARTHQUAKE THE MOUNTAIN GIG」会場内にて 撮影Morry)
  1. 2005/12/08(木) 11:08:05|
  2. fan photo|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0