スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackback(-)|
  4. Comment(-)

バラ会議・緑化フェアのための強制排除を許すな!反排除全国集会

「たまには帰って来なさい」
そう母から電話があり、久々に帰省することに。
予定を立てたところ、偶然にも
「バラ会議・緑化フェアのための強制排除を許すな!
 反排除全国集会」と重なっていることが判明。
これは行けということだなと解釈し、
よっしゃ!とばかり参加して来ました。

5/12、お昼前に「世界バラ会議」の開会式がある
大阪国際交流センターの裏、上汐公園へ。
午前中の抗議情宣ですったもんだの小競り合いがあったらしく、
肝心な時に居なくて申し訳ない気分に。

午後、場所を変え集会へ。
1/30の靭公園強制排除の報道、
支援者が撮影した大阪城公園の強制排除のビデオを上映。
何度見ても悔しさがこみ上げる。
奴らの意のままになってしまった悔しさ、
あの場で仲間と共に闘えなかったことの悔しさ。

靭公園の強制排除当事者の仲間からのアピール、
東京は隅田川の仲間からのアピールに心を打たれる。
仲間の言葉は、何よりの起爆剤。

集会終了後、デモだったのですが、
警備に付いた警官があまりにもうざい!
私の前を歩いていた男性に、
威圧的に車線規制をかけてくる警官。
デモの隊列にまで入り込んで来る。あまりにひどいので、
「私ら(デモ隊)は1車線ってあんたらが認めたんやろ?
 ほなこっちの車線に入ってこんと、
 あんたらはそっちで交通整理しときや!!!」
しつこくしつこく言い続ける私。

上本町の都ホテル前。
バラ会議の開会式の参加者が宿泊しているホテル。
抗議の声は更に大きくなる。
「仲間のテントを奪うバラ会議反対!」

横断幕を都ホテルに向けて、アピールしていたところ、
警官に横断幕を振り払われる形に。
そして警官の右手が私の胸に当たる。
デモ中の警官の態度のせいでかなり頭に来ていたので、
「ちょっと、今胸に手が当たったで?謝りいな!」
と詰め寄ると、ぷいっと逃げてしまった。
やはり、警察は謝るということを知らないのねー。

デモ中、肖像権無視してこちらを撮影してくれたお返しに、
コーアンさんはじめ、オマワリさん数人撮影。
(公務中は彼等には肖像権は認められないとの判例アリ。)

上段真ん中のコーアンさんとの会話。
「男前に写ってまっせ~」
「ありがとう」(決して目を合わさない)
「これネットに載せとくね♪」
「……」(露骨にイヤな顔)

barakaigi.gif
スポンサーサイト
  1. 2006/05/21(日) 02:05:27|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

Bon Voyage!

って別に旅立つ訳では無いのですが。

少し前のライブの時に、新しいステッカーを買いました。
"Systema Era Averiado"
数年前に出たTシャツと同じデザインですね。
何を血迷ったか5枚も買ってしまい(汗)、
自転車には大きすぎて貼れないしなぁ…
と思っていたのですが、肝心なのを忘れてました。
旅行用のスーツケース。
"La Revolucion Continua"の方は、
このスーツケースを買ったばかりの頃、
2度目のイギリス旅行に行く前貼りました。
思い出と出逢いが詰まったスーツケース!

うー、何もかも放り出してイギリスに行きたいー!
煮詰まると現実逃避してしまうクセは、
中学生のとき始まったなぁ、などとぼんやり考える雨の一日。

「外は春の雨が降って 僕は部屋でひとりぼっち
 夏を告げる雨が降って 僕は部屋でひとりぼっち♪」

bag1.jpg
  1. 2006/05/09(火) 18:49:39|
  2. fan photo|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会

緊急に集りが持たれるようです。
いつものごとく私は参加出来ないのですが、
お近くの方是非ともご参加を。
また、こちらから賛同声明/支援メッセージが送れます。
どんどん送って下さい。沈黙は服従なり。

日 時: 5月11日(木) 開場18:30 開会19:00~20:30
場 所: 大久保地域センター 3F 会議室A
     (新宿区大久保2丁目12番7号)
交通機関:JR山手線「新大久保」駅下車、徒歩8分
     都営大江戸線 「東新宿」駅下車、徒歩8分  
主 催: 自由と生存のメーデー06実行委員会
     メーデー救援会

 2006年4月30日(日)、原宿穏田区民会館に百余名があつまり、「自由と生存のメーデー06」が開催され、プレカリアート(不安定な雇用を強いられた人々)として、社会的に差別、選別、排除された人々の訴えが発せられました。しかしその訴えを踏みにじるように、集会後のデモで3名の仲間(1名は2日に解放)が不当逮捕、更にサウンドカーやアドバルーンまでもが強奪されるという異様な弾圧が強行されました。

 デモ申請の事実を無視した警察は、「道路交通法違反」を振りかざし、プレカリアートが中心となったデモをつぶそうと躍起になったのです。公安警察・機動隊・所轄署が渾然一体となったこの弾圧で、「道路交通法違反」「公務執行妨害」などのでっち上げ罪名により逮捕された仲間は、警察は接見交通(外部交通)の権利を踏みにじられたまま今も身柄を渋谷署・原宿署内にある代用監獄に拘束されています。又、本来「現行犯の罪証」には無用なはずの家宅捜索も強行されています。

 本来であれば、メーデー当日は私たちプレカリアートやその運動を支援する者達が出会い、交流し、その闘いの起点となるべき日でした。しかし、権力によりその集まりが破壊されたことにより、私達はもう一度我々が集う場を持つ必要性を感じています。警察・検察そして裁判所が一体となったメーデー弾圧を絶対に許すことはできません。満腔の怒りを込めてここに強く抗議します。いま国会では共謀罪の審議が進められ、全国各地で警察権力による不当弾圧事件が続発しています。
 私達は1人でも多くの人々が緊急集会に参加されることを訴えます。奪われた仲間、そして権利は取り戻さなければなりません!みなさん、共に頑張りましょう!

【集会プログラム予定】

・弾圧当日の映像上映 
・実行委員会より事実経過の説明 
・弁護士より今回弾圧の性格について報告(調整中)
・5月2日に解放された仲間からの発言  
・有識者からの発言──毛利嘉孝さん(東京芸術大学教員)
・救援会へのメッセージ紹介
・集会アピール採択

※緊急集会のためプログラムは変更される可能性があります。
  1. 2006/05/07(日) 03:53:14|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:2

「自由と生存のメーデー06」弾圧粉砕! 警視庁は仲間を返せ!

昨日当該2人宅にガサが入った模様。
救援も立ち上がりました。ご支援、ご注目を!

取り急ぎ、救援のサイトのご紹介。 メーデー救援会
  1. 2006/05/02(火) 08:41:07|
  2. ひとりごと。|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

MAY DAY

今日は労働者の祝日、メーデー。
こちらで、いくつかのデモとイベントを
ご紹介しようと思っていたのですが、
ビッグイシューやなんかでバタバタしていて、
結局出来ずじまい。

あぁぁ…と思っていた矢先、
昨日東京で逮捕者3名という未確認情報が。
原宿署と渋谷署に分散留置されている模様。
今日の長野は大丈夫だったのでしょうか?

赤黒系(と括るのもアレですが、)は
何かやる度に不当逮捕者が出ている。
ケーサツが躍起になってつぶそうとしているのでしょう。

「負けても、負けてしまわないこと。」
私/たちは緩やかに連帯し、奴らに抵抗し続ける。

長野 ダメーデー
東京 自由と生存のメーデー

Cops09.jpg
  1. 2006/05/01(月) 21:15:34|
  2. ひとりごと。|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:2