スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackback(-)|
  4. Comment(-)

第12回 ”1.17 追悼・連帯・抗議の集い”

手元に呼び掛け文がないのですが、、、

本日、↓に毎度毎度の助っ人として参加します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第12回 ”1.17 追悼・連帯・抗議の集い”

日時:2007年1月17日(水)05:30~19:00

場所:神戸市役所1号館2号館前一帯

内容:十三回忌法要(真宗大谷派/日本基督教団)
   お焼香 献花 記帳 震災・防災関連展示
   ステージ(訴え/サムルノリ/歌/その他)
   おぜんざい(真宗大谷派のお振る舞い)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お時間のある方、是非お越し下さい。


うまくは説明できないけれど、
全ての「問題」の根っこは繋がっている、と思っている。
パレスチナも、イラクも、アイルランドも、デンマークも、
神戸も、水俣も、アイヌも、ウチナーも。

「ためこんだ知識がクサれば 知ったかぶりより直感だ
今だけが生きてる時間 なのになぜ待っているのか」

このフレーズで自分に発破をかけ、自分の嗅覚だけを頼りに、
これからも進んでいく所存であります。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 05:46:52|
  2. ひとりごと。|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

明けまして、、、

おめでとう、とは素直に祝えない今日このごろ。
昨年このへなちょこブログにお付き合い頂いたみなさん、ありがとうございました。
今年もゆるーく参ります。よろしくお願い致します。

さて、新年初投稿。
色々なところで書かれているのでご存知の方も多いと思いますが、
デンマークはコペンハーゲンにあるソシアルセンター"UngdomsHuset"が、大変な事になっています。

http://anarchopunk.blog50.fc2.com/blog-entry-21.html
http://libcom.org/forums/japan/ungdomshuset
http://anarchopunk.blog50.fc2.com/blog-entry-22.html
http://punx.exblog.jp/5259025/
http://blog.goo.ne.jp/kitakawachi_nojuku/e/101333ba6b0fe1076647248eb8a6ca35
http://blog.goo.ne.jp/kitakawachi_nojuku/e/fdd1dcc66de51ce37175a8d303b38376


24年もの間、自主/自立の運営で実質的に自治体に建物の使用を認めさせてきたという歴史。
それを安易に、そして暴力的に覆した国家に激しく怒りを覚えます。
運営にパンクスが関わっているとか、そうじゃないとか関係なく。

ということで、自分一人じゃ何も出来ないので(涙)、
頼れる知人に抗議文を作成してもらいました。

心あるみなさん、捨てアドで構わないので、
どんどんデンマーク関係各所にこの文章を送って下さい。
デンマーク大使館、領事館に抗議に行って下さい。
そしてこの暴虐無人な出来事を色んな人に広めて下さい。

UngdomsHusetを再び我らの手に!!!

以下、抗議文です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

We strongly protest against the unfair decisions by Copenhagen City Court and the National Court to the youth building, UngdomsHuset in Copenhagen.
The decision says that UngdomsHuset carried over Christian church "Faderhus".
And we also protest against hundreds of unfair arrests or police violence in a series of demonstrations/protests for UngdomsHuset.
That building is permitted by law in 1982. In a great democratic country,
people can live with freedom of speech, freedom to express, and enough cultural life. UngdomsHuset has been maintained for 24 years by the people who believe those democratic ideas and the citizens admit the existence of that building as the cultural center. So the Authority cannot destroy it. If they do, it means a destruction of life, and a loss of future.
Please stop the eviction right now and admit the UngdomsHuset continues to exist.

以上の抗議文を、
以下↓のurlに記載されているメールアドレスに、
最後に名前とJapanと付けて送って下さい。

http://indymedia.dk/article/756
http://libcom.org/forums/japan/ungdomshuset

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー上記抗議文の大意ー

私たちはUngdomsHusetに対して、コペンハーゲン裁判所及び国家裁判所により言い渡された判決に抗議します。その判決によれば UngdomsHushet はFaderhusに引き渡されるとのことです。また一連のデモでの沢山の不当逮捕や警察による暴力にも同様に抗議します。
 そのビルは1982年に法律により認められたビルです。民主主義国家では国民は言論の自由、表現の自由や十分な文化的生活が認められているはずです。UngdomsHusetはこれまで24年間、そういった民主主義的な考えの下で運営され、市民もその存在を文化の中枢として認めてきました。当局はそれを破壊できるはずがありません。それは生活の破壊であり、未来の遺失であるからです。
直ちに排除をやめてUngdomsHusetの存続を認めてください。


ungdomshuset.jpg

  1. 2007/01/10(水) 08:49:54|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:1