スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackback(-)|
  4. Comment(-)

「狼」と死刑

私の中の「何か」を変えてくれた、"東アジア反日武装戦線"。
彼/彼女達のことをもっと知りたいし、見続けて行きたいと思っています。
また、支援に携わり、獄中・獄外連携して闘い続ける方達、
死刑廃止に声を上げ続けるみなさんに頭が下がる思いです。

当日私は名古屋でのビッグイシュー販売1周年記念イベントの為に参加する事ができませんが、
せめて私が出来ることとして、このウェブログにお知らせを転載します。

/////////////////////////////////

狼がきた!国家と死刑と戦争と大道寺将司さん・益永利明さんの第2次再審請求棄却に抗議しすべての死刑執行停止を求める4.14集会
日時 2007年4月14日(土)
開場:午後1時30分
開演:午後2時
場所:文京区民センター2A  資料代500円
program(予定):
講演:国家と死刑と戦争と一一死刑廃止運動のこれまで、これから 安田好弘弁護士
報告1 再審弁護団から
報告2 死刑に直面する「政治囚」たち 永田洋子さん・坂口弘さん・大森勝久さん(各救援関係者から)……など
虹会:集会後同会場にて(実費1000円+持込・差入歓迎)
主催:集会実行委員会 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル4階 気付
   東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議

 昨年11月22日、東京地裁刑事5部は、大道寺将司さん、益永利明さんの第2次再審請求を棄却しました。二人は「東アジア反日武装戦線・狼部隊」として、三菱重工を初めとする海外侵略企業などに爆破攻撃を行なったことにより、他の仲間とともに捕らえられ、1987年3月24日、最高裁で死刑判決が確定しました。三菱重工爆破の際に多くの死傷者を出してしまったことについて、裁判所は一貫して「彼らは爆弾の威力を十分認識しており、殺意があった」と決めつけましたが、再審請求では、さまざまな実験を重ねて彼らの使用した爆薬の特殊性を発見し、その威力や結果は誰にも予測できなかったことを立証しつつ、「殺意の不存在」を主張してきました。しかし、裁判所は再び「そのような主張があるにしても、殺意の認定に影響はない」として、請求を棄却したのです。(現在、東京高裁に即時抗告の手続きが行われています。)

 死刑確定者をめぐる状況は、非常に厳しくなっています。昨年11月29日には、「連合赤軍」の永田洋子さん、坂口弘さんの再審請求が棄却され、 12月25日には、安倍政権下で就任したばかりの長勢法務大臣によって、一度に4人もの死刑が執行され、翌26日には、名張毒ぶどう酒事件で冤罪を訴えている奥西勝さんの再審開始決定が覆されました。執行された4人のなかには高齢で歩くこともできないほど体の弱った人も、再審請求を準備中の人も、無実を訴えていた人もいました。政府・法務省は、一人ひとりの事情などお構いなしに、また、死刑廃止を求める多くの声に耳を貸すことなく、執行を繰り返しています。そこには、教育基本法を改悪し、防衛庁を防衛省に「昇格」させ、「憲法改悪」をもくろみながら、着々と戦争準備を進める安倍政権の姿勢をはっきりと見て取ることができます。「戦争をやりやすい国」に抵抗する者、邪魔な者、無用な者を抹殺するものとして日本政府は死刑制度を維持し、強化しています。

 大道寺さん・益永さんは、彼らの再審研究会をはじめ、全国各地の多くの友人たちに支えられて、確定からの20年間、国に命を奪わせることなく、生きぬき、闘いぬいてきました。この力を結集して、必ずや二人の死刑執行を阻止し、死刑廃止の道を切り開いていかなければなりません。
 きたる4月14日(土)の午後、「狼がきた! 国家と死刑と戦争と」と題し、大道寺さん・益永さんの第2次再審請求棄却に抗議するとともに、すべての死刑執行をやめさせることをめざして、集会をもちます。多くの皆さんの参加を呼びかけます。

Capital_Punishment01.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/04/12(木) 22:48:14|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0

旅先で

またしても放置してしまってました。
いろんなことに対して気力が失せてしまっていたり、
他にやらなければいけない事を優先してしまっていたり。
「やりたい」と思ってはじめたことに対して、
「やらなければならない」へと気持ちが変わってしまったり。
相変わらずネガティブな自分。。。言い訳はさておき。

このあいだ、一人で旅に行って来ました。行き先は、福井ー富山。
実は観光は皆無なので、旅と呼べるかどうかは?ですが…

福井から鈍行電車に揺られて富山駅。
雨が降っていたのですが、運良くその宿は駅前からの地下道直結でした。
初めての土地に浮かれながら、地下道を通り、目的地の宿に。
宿の入口直前に、野宿の仲間のものと思われる段ボールの囲いと荷物。
ハッと現実に戻り、旅気分が抜けてしまい、、、

手前の仲間が一人横になっていたので、声を掛ける事にしました。
なるべく怪しまれないように。
「あの、名古屋で野宿者支援やってるものなんですけど、
 お話訊かせてもらっていいですか。」
「ああ、いいですよ」むっくと起き上がってくれました。

訊けばそのセンパイは福井出身、富山に来て1年。
大阪で野宿をしていたこともあるそう。
障碍者手帳を持っているが、生活保護の申請に手間取っているとか。

「センパイはアルミ(回収)とか現金収入を得る仕事やってるの?」
「ここらはアルミやっても買い取ってくれる業者がないから、
 アルミはできないんだよ」
「炊き出しとかやってくれる、支援の方はおられるんですか?」
「私が知ってる範囲では無いねぇ。」

そのセンパイは
「住所が無いから生活保護申請できない。
 アパートに入るにはお金がいるし、
 けれど障碍があるから仕事が出来ないし、、、」
と呟いていました。
富山にはドヤが無い事、都市部に設けられているような公的な簡易宿泊所(=収容所!)すら無いという事も言っていました。

このセンパイからしか富山市の野宿者事情を訊いていないので、
もしかしたら何かしらの施策や、
支援をされてる団体があるのかも知れません。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、
彼/彼女らのもとへ直接知らせてあげてはもらえませんか。

本当に施策も支援も何もないのであれば、、、
彼/彼女らに支援を!!!
名古屋の地より、連帯を呼び掛けます。
  1. 2007/04/04(水) 23:27:21|
  2. ひとりごと。|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0