スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. Trackback(-)|
  4. Comment(-)

K君をかえせ!7.31不当弾圧への抗議アピール+支援要請

またしても近しい友人が弾圧を受けてしまいました。
怒りでハラワタが煮えくり返っています。
大阪府警、いい加減にしろ!!!
不当弾圧への抗議アピールと支援要請をupします。
転送転載大歓迎です。

「Kちゃん、がんばれ!!!君は正しい!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1ヶ月におよぶストーカー行為に反撃→逮捕!?
大阪府警はK君をただちに釈放しろ!

<あらすじ>
 K君は、1ヶ月ほど前からストーカー被害に悩まされていました。自宅のまわを怪しい人物がうろつき、見張っているのです。朝出かけるとき、帰ってくるときに監視され・・・不気味です。友人にも相談しましたが、なかなかうまい解決策は見い出せません。

 近所の人に聞いたらしばしばアパートの玄関を開け、郵便物までチェックしているようなのです。気持ち悪すぎ。おちおちゴミも捨てられやしません。

 怪しい人物の行為はだんだんエスカレートし、なんと外出するときにまで後ろをついてくるようになりました。不気味なことこの上なく、K君はすっかり精神的にまいってしまいました・・・。

 そして2006年7月31日。なにが起こったのか、朝からどんどんストーカーの数が増えていくのです。ふたり、3人、4人・・・5人になりました。外に出れば、その人数でつきまとってくるのです。いったい何が起こるのでしょうか。

 とうとう、K君はそのうち1人の若い男に「何でついてくるんだ」とたずねました。でも答えません。いいかげんにして、という思いと1ヶ月間の怒りが爆発し、K君はそいつを追っかけました。少々勢いあまった追っかけ方だったようですが、別になにも手出しはしていません。ぶんなぐったわけでもありません。びびったのか、男は逃げていきました・・・。

 1時間後。買い物に出たK君は、路上で若い男の仲間たちに囲まれ、連行されました。仲間たちは、武器も持っているようです。とうてい抵抗できません。手錠で縛られ、車に押し込まれ、K君はいったい、どこに連れていかれてしまうのでしょうか。

<K君をかえせ!>
 私たちの友人であるK君は、7月31日に大阪市北区の路上で「脅迫の現行犯」で逮捕されました。1ヶ月間にもわたる大阪府警本部公安三課の自宅張り込みと密着尾行というストーカー行為に対し、腹にすえかねて「反撃」したのが理由です。翌日には同容疑での家宅捜索が行われました。担当検事は8月2日に勾留請求を行い、裁判所は不当にも10日間の勾留と接見禁止処分を認めました。K君は現在も曽根崎警察署に勾留され、連日の取り調べを受けています。ストーカー加害者がいったい何を「調べる」必要があるのか、まったくの謎ですが、接見禁止処分によりK君は弁護士以外の人と会うことすらできないという状況です。
 私たちは、まずなによりもK君の即時釈放を求めます。ストーカー行為で罰せられるべきは、フカガワカズノリ刑事(30歳、K君に追っかけられた人物)、ミツイ刑事をはじめとする公安三課の面々です。

<盾突くやつには何やってもOK?>
 なぜ、K君がこのような仕打ちを受けなければいけないのでしょうか。

 公安刑事がつきまとっていた理由は、31日からの皇太子ナルヒト来阪・高校総体出席のための「警備」だと思われます。以前から天皇制に反対する取り組みに関わってきたK君は、今回特に行動を予定していなかったにもかかわらず、警察のターゲットとされたのです。反天皇制運動に取り組む他の人々に対しても、このかん大阪府警による尾行や張り込みが行われていたことが明らかになっています。

 公安警察にとって、天皇・皇族の来訪はみずからの存在意義をアピールする絶好のチャンスです。天皇・皇族が国体・高校総体・植樹祭・海づくり大会といった年次イベントのために各地を訪問するたび、日本中いたるところで「警備」の名のもとによる嫌がらせや人権侵害行為が繰り返されてきました。天皇制に反対する人々やデモに対する弾圧だけではなく、街中に制服・私服の警官があふれ、「異物」とみなした人々を排除・警戒する動きが強まります。1997年の大阪国体の際には大阪市・大阪府警による野宿者排除が大阪城公園や長居公園で画策されもしました。

 「国民統合の象徴」たる天皇制は、その裏で「まつろわぬ人々」「非国民」を陰湿かつ暴力的に排除することのうえにしか成り立たないものです。そんなものに私たちは「統合」されたくありません。

 「非国民」は、作り出されるものでもあります。「天皇制に反対する輩に対しては何をやってもかまわない」と言わんばかりの警察・検察の無法は従前からのものですが、特に911以降、至るところで政府・警察・マスコミが「テロ・犯罪」の恐怖をあおり立て、「テロリストや犯罪者」とされた人々に対してはたとえ殺しても許されるというような、この世界を覆う空気が重なってもいるのではないでしょうか。反戦ビラを入れたり、警察の横暴に抗議しただけで逮捕されてしまうようになったこの国では「いつか来た道」でもあるわけですが。

<「敵が敵がとわめいているやつ、そいつこそ敵」>
 しかし、おかしいものはやはりおかしいのです。だいたい、大阪府警にK君をぶち込んだり取り調べたりする資格など、道義的にもないのです。

 実は公安三課は2年前にもK君を逮捕しているのですが、このときはK君が関わる野宿者支援運動つぶしが目的でした。仕事さがしや年金受給のために野宿の仲間にアパートの住所を貸していたことが「犯罪幇助」だとしていきなり逮捕・家宅捜索されたものの、あまりに無理がありすぎてすぐ釈放、不起訴になりました(この事件をきっかけにして、取り調べを受けた野宿の仲間が「じゃあ現住地で登録させてよ」と扇町公園テントで住民登録を求める裁判闘争が開始。今年1月に大阪地裁で画期的な勝訴判決が出ました)。

 釈放後も公安三課はK君周辺をうろつき、扇町公園で行われたイラク戦争に反対する集会に参加したK君や友人たちを監視。そこでK君がマイクを取り、取り調べでのミツイ刑事の与太話を披露。
「オレの親父はもと日本共産党。でも食えなくて警官になった。オレには共産党の血が流れているから、おまえらの先輩や!」と言ったという意味不明発言にみなで失笑していると、ミツイほか数名が逆ギレして叫びながらつかみかかってくる(本気で)という醜態を演じました。
(動画と経緯がこのURLでみられます。釜パト動画分室:http://page.freett.com/kamapat/mov/040320.html
今回の事件も、長引けば長引くほど、大阪府警の失態に新たな1ページを付け加えることにしかならないでしょう。

 かれらに、モラルなどありません。ただ、自分たちの飯のタネに「敵」を必要としているにすぎません。しかし標的にされたものはたまったものではありません。
 もう、こんなことはうんざりです。私たちはいろいろなものを奪われすぎており、多くのものを必要としていると思います。圧政からの自由、貧しさからの自由、競争からの自由、恐怖からの自由、この息苦しさからの自由・・・ただそれが、はびこるケーサツでもテンノーでもコッカでもないことだけは確かです。

 K君をはやくかえせ!

2006.8.4 K君をかえせ!7・31弾圧救援会

<お願い1>
不当な弾圧に対してK君は現在、黙秘でがんばっています。体調は今のところ大丈夫とのことですが、早期釈放をかちとるために警察・検察へ抗議を送っていただければ幸いです。

【抗議先】
曽根崎警察署  06-6315-1234(代表)
大阪地方検察庁 06-4796-2200(代表)

<お願い2>
現状では接見禁止がついているため弁護士しか会いにいくことができず、また勾留の不当性を訴え釈放を求める法的取り組みなども含めて費用がかかることが予想されます。
どうか、余裕のある方はカンパにご協力いただければ幸いです。

【振込先】郵便口座:00930-6-139747(大阪キタ越冬実名義)

<お願い3>
救援会への団体・個人賛同をつのります。公表してもかまわないという方はぜひご協力ください(ビラ、ウェブサイトで公開させていただきます)。
団体の場合は団体名、個人の場合はお名前(ペンネームでも可)と肩書き(あれば)を下記の宛先までお送りください(e-mailがありがたいです)。
一言添えていただければ弁護士を通じてK君へも届けます。


K君をかえせ!7・31弾圧救援会
連絡先:
090-9700-0296 / 06-6374-2233 (FAX) / kamapat@infoseek.jp
(釜ヶ崎パトロールの会気付)

スポンサーサイト
  1. 2006/08/04(金) 20:15:45|
  2. direct action!!!|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:0
<<結局。 | Home | 4.30弾圧を許すな 8.5プレカリアート@アキバ>>

Comment

a name="comment_post">コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diosinjusto.blog7.fc2.com/tb.php/234-2064cf77